15の夜の法話会 ~死生観を養う~

人生を考える場
自分に向かい合う時

中学生の頃、尾崎 豊を聴いていました。
『15の夜』には「盗んだバイク 落書きの教科書 届かない夢 退屈な授業 覚えたての煙草 夜の帳」という言葉がありました。
あの時から、どれくらい時が経ったのでしょう。

あなたは「自由」を手にしましたか?
あなたは、「自分の存在が何なのか」を理解しましたか?
それとも、「心を捨てて」生きてきましたか?
あの時の自分に「解りあえない大人だ」と睨まれていませんか?

死生観とは、「あなたの人生の意味」のことです。
今、再び「真実」や「本当のこと」を考えてみようと思ったならば、また、あなたが抱えている事情や課題に挫けそうならば、この法話会で死生観を養ってみませんか。

そして、もう一度、視線を少しあげてみましょう。

開催日と会場

時間

18時45分

集合(時間厳守でお願いします)

19時

~19時30分

チェックイン
法話

19時30分

~20時15分

ワークショップ

20時15分

~20時半

まとめ (1分程度の椅子坐禅をしてチェックアウト)

内容

『15の夜の法話会』は、僧侶が一方的にお話しをする会ではありません。
提起された問いを自らに照らして考え、それをご縁ある他者と分かちあう会です。

参加の心得

  • 安心して気兼ねなく話ができるよう、ここで語られたことは外に持ち出さないことを約束してください。
  • 他の参加者の話をさえぎらないこと、また、評価や批判やアドバイスはしないでください。
  • 話したくない時には、パスができます。発言を強制されることはありません。

過去開催の様子

第3回
バリ カフェ&ダイニング api

第6回
岩瀬書店富久山店

テーマ

2019年 生老病死から目を逸らさない ~この生きづらさと対峙する時間~

3月

生の章

生まれたことにどんな意味があるのだろう

6月

老の章

老いることを許された生を想像してみよう

9月

病の章

病を受け取る勇気をみつめてみよう

12月

死の章

あと15日の命、そんな自分に手紙を書いてみよう

料金

1,500円(資料代、お茶菓子、ワンドリンクを含みます)

定員と応募方法

20名前後

下記のメールフォームにてお申込みください。
尚、お申し込み者多数の場合は、抽選とさせていただきます。

15の夜の法話会 参加お申し込み

個人情報保護方針の内容をご確認の上、下記の項目にご記入いただき「この内容で送信する」を押してください。

は必須入力項目です。

お名前

メールアドレス

ご住所

お電話番号

年齢

参加希望日

個人情報保護方針の内容に同意します

お問い合わせ、ご相談などありましたら、こちらからお問い合わせください。