句・短歌

仏壇はあとのまつりをするところ   吉川英治  

  お盆の御飯ふっくら炊けた 山頭火   懐かしい人が家に帰ってくると…

    験なき物を思はずは一坏の濁れる酒を飲むべくあるらし  大伴旅人…

  母よ うどんそなえて わたくしもいただきまする  山頭火   山頭…

  去年今年 貫く棒の 如きもの      高浜虚子   年末も押し迫…

  年の暮れが近づくと思い出す言葉があります。 皆さまも味わってみてください。 …

  焚くほどは 風がもて来る 落ち葉かな   良寛   長岡藩主 牧野…

  亡き人に 迷うなと 拝まれている この私                  …