正しく強く生きるとは  

正しく強く生きるとは  

 

宮沢賢治の『農民芸術概論綱要』にある言葉です。
幸福やいのちを考える時に、大きな指針となるものです。

 

世界がぜんたい幸福にならないうちは個人の幸福はあり得ない

自我の意識は個人から集団社会宇宙と次第に進化する

この方向は古い聖者の踏みまた教へた道ではないか

新たな時代は世界が一の意識になり生物となる方向にある

正しく強く生きるとは銀河系を自らの中に意識してこれに応じて行くことである

われらは世界のまことの幸福を索ねよう 求道すでに道である

 

 

14619928001[1]