人生百に満たざるに 寒山

人生百に満たざるに 寒山

人生百に満たざるに       寒山

人生不満百        人生百に満たざるに

常懐千載憂        常に千載の憂いを懐く

自身病始可        自身病始めて可ゆれば

又為子孫愁        又た子孫の為に愁う

下視禾根下        下は禾根の下を視

上看桑樹頭        上は桑樹の頭を看る

秤槌落東海        秤槌東海に落ち

到底始如休        底に到って始めて休むことを知る

 

意訳

せいぜい生きて100年の人生なのに、悩んでばかりいる私

自分の病が寛解して清々したと思ったら、今は、子や孫のことで頭が痛い

キョロキョロと辺りを見渡して、自分がどこいるのかを確かめる

隣を横目で覗いて、自分と他人を比較する

あれこれと心を痛めるけれど、とどのつまりは、「なるようにしかならないのだ」と自分に言い聞かす