系図 三木卓

系図 三木卓

 

系図 三木卓

 

ぼくがこの世にやって来た夜

おふくろはめちゃくちゃにうれしがり

おやじはうろたえて 質屋へ走り

それから酒屋をたたきおこした

 

その酒を呑みおわるやいなや

おやじはいっしょうけんめい

ねじりはちまき

死ぬほどはたらいて その通りくたばった

 

くたばってからというもの

こんどは おふくろが いっしょうけんめい

後家のはぎしり

がんばって ぼくを東京の大学に入れて

みんごと 卒業させた

 

ひのえうまのおふくろは ことし六十歳

おやじをまいらせた 昔の美少女は

すごくふとって元気がいいが じつは

せんだって ぼくにも娘ができた

 

女房はめちゃくちゃにうれしがり

ぼくはうろたえて 質屋へ走り

それから酒屋をたたきおこしたのだ